リトルウィッチアカデミア 22話 「シャリオとクロワ」 感想!

夢のかけらを持っている

シャリオの真実。

 アーシュラ先生に関する真実が一気に出てきたように感じるところだ。それどころかあの幼少期のショーがこんな形で繋がってくるとは思いもしなかった。この設定はそれこそアニメミライ時代からある程度存在していたのだろうか?それともTVシリーズから作ら得r多設定であるのかな?

 シャリオばれよりもアツコにとって今までシャリオをそしてアーシェラを信頼してきたからこそこ事実はアツコにとって辛いものになったように感じられるところだ。それだけにアツコがアツコ自信を新jラれるかどうかシャリオからの独立というのもテーマと相まって必要になってくるのだろう。

 アツコが今まで満足に魔法が仕えなくなった理由が明らかになったけれどもこれアツコがシャリオのように言の葉の力を解放して魔法を使えるようになったらそれ以降も一般の人間の魔力を吸い取って魔法を使うなんて展開があったりするのだろうか?アツコがこの世界の閉塞感を変えるならばどこかで魔法のポイント自体が大きく切り替わることになりそうではあるけれども。

 next #23
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示