リトルウィッチアカデミア 21話 「ワガンディア」 感想!

真意の言葉

6つ目の言の葉

 まさかのゲーム化が待ち構えているとは思いもしなかったなぁ。アニメミライから単独の劇場版そしてTVシリーズとしてゲーム化かぁ。その先には何が待っているのだろうか?再びの劇場版と言うのは個人的に次なる展開として考えていたところはあるけえどもゲームの先にそれまっていてくれるのだろうか?

 アツコの成長と感謝の言葉。シャリオが総ての言の葉を集めることが出来なかったというのが気がかりとして引っ掛かる部分であるのだけれども、ッシャリオの時すべてを解き放つに至らなかった何かが今のアツコの周りには存在しているのだろうか?アーシュラ先生がその正体をアツコに解き放つ時は最終話になりそうな感じではある。

 クロワは杖に選ばれなかったことが最初の踏み違いであったことは確かだろうな。その心はそれのままではなく変質してしまっているからやっかいなところになっているのは間違いないわけではあるが、そう考えると彼女はこのまま道に原点に立ち返って心を洗い直すということはないのだろうとも…。

 next #21
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示