小林さんちのメイドラゴン 12話 「トールと小林、感動の出会い!(自分でハードル上げてますね)」 感想!

酔えば酔うほど強くなる

これなら所長に復讐できる…。

 トールと小林さんの出会いの顛末が明かされる回でありトールの過去が明かされる重要回であったりするところ。トールがなんで人間を憎んでいながらも小林さんについてきたのかという一番の疑問が解決されたことによってトールと小林さんの信頼関係が少し進んだようにも感じられる。

 昔というかドラゴン感あふれる喋り方をしていたトールのドラゴンオンリー時代。どう考えてもかっこいいと思っているくらいだからドラゴンの間ではあれが威厳のある伝統的な喋り方として認識されているんだろうな。ダサいといわれている似合ってないと思われるのはやっぱり女子力のなせる技?

 小林さんの男子力に驚かされるのも万国共通かもしれない。トールがドラゴンの世界であった女の子と小林さんは確実にうまい酒が飲める仲になりそうだな。そこにジョージーを加えれば最強となる。

 次回 「終焉帝、来る!(気がつけば最終回です)」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示