鬼平 ONIHEI 7話 「瓶割り小僧」 感想!

過去の代償

過去が復讐してくる

 お順の真実が明らかになる話ではあるが平蔵が善意をもってして助けた存在が悪の道において襲ってくる。平蔵の立場だからこそ起こりうることではあるよな。逆恨みなんてしょっちゅう買っているだろうし、そういった意味では平蔵は鬼の心を持たざるおえなかったというところもあるのだろう。

 音松を平蔵が救うことが出来ていたらどうなっていただろうか?だからこそその分もお順を音松が救われなかった時代の分も救ってほしいとそれこそ平蔵よりも大きな存在になってくれるようにしてほしいと平蔵には願うばかりでしかない。そもそも平蔵に様々な負担をいってに着きつけ過ぎなところは感じるけれど…。

 いつかはお順も自分の秘密を知ることになる。そしたら一人で立ち向かわなければならない時もやってくるかもしれない。そう考えると今この時に知ることになったのは逆に言えば平蔵たちとともに乗り越えられるからよかったかもしれない…。

 次回 「大川の隠居」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示