幼女戦記 11話 「抵抗者」 感想!

勝利に酔うもの

その酒は発酵している

 ようやくターニャが望む世界にまで辿りつき始めたと思ったら最後の最後で踏み外す。これも存在Xたんの横やりがそうさせたのだろうか?ある程度の人類に存在Xの傀儡が存在して居なければそれこそここまで大規模なことをおこすことは出来ないだろうし、ターニャが存在Xを滅ぼそうとするならば本気で人類すべてを倒さなければならないかもしれない。

 アンソンみたいな超人がこれから山のように登場されても困るところではあるが存在Xによって強化されちゃった系の人間はこれからターニャを苦しめることにはなってきそうだ。さまざまな横槍を考えなくてはならないターニャはそれこそいつかパンクしてしまいそうではあるな。それこそが存在Xの本当の狙いではあったりして?

 勝利をてにれたと思ったら味方にしてやられる。これこそが戦争の顔の一つでもある。それでもターニャは今回ヴィクトーリヤに助けられているしターニャの野望を実現するには本当に上へ登り詰めなければならないんだよな。

 次回 「勝利の使い方」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示