チェインクロニクル ヘクセイタスの閃 10話 「闇を裂く刃」 感想!

闇夜の誘い

チョロイン黒にくる

 エイレヌスはやっぱりチョロかったのだろうか?まあ本当にちょろいんなのかどうかは本編を確かめつついかないと分からないところではあるけれども少なくとも黒の王の掌で踊らされていることだけは確かだろうな。序盤は一人で奮闘していたんだどね…。仲間がいると姫風吹かしてしまう人だから…。

 ここから一気に決戦に向けて詰め込んできた感じがある。決戦準備に必要なものは取り揃えておいた状態だし、時間的な制約もあるだろうしなぁ。ここからラストまで駆け上がっていく構図になったのはクライマックスを演出する意味でも必要なところではあるけれどもね。全体的にもっとゆったりしていたら箱舟を動かす動力も集めなければいけなくなっていたところだろう。

 もう少し時間があればアラムと中マッチの絆ももっと深めることが出来ていたんだろうしなかなかそのバランスって難しいところではあるよね…。

 次回 「剣に生き、剣に斃れ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示