劇場版 総集編 オーバーロード 漆黒の英雄 感想!

漆黒に染められしもの

劇場版総集編後編

 ということで「劇場版 総集編編 オーバーロード 漆黒の英雄」見に行ってきました。TVシリーズの2期も決定したことによってこの劇場版2部作の位置づけが復習用という位置づけがより強固なものへと変化したように感じられるところではあるかな?ぷれぷれプレアデスを今回が最初にして後半が本編という仕様になっている。 新規シーンはシャルティア戦の後に追加されている作品となっている。

 TVシリーズのラストに詰め込まれた部分が無くなったのは少々残念なところではあるけれどもその分直接的な2期への展開への橋渡しをしていたのが新規シーンにおける特徴であり。TVシリーズではなかったこれからへの布石が撃ち込まれている。 アインズのこれからの行動指針。
 リザードマンの姿もちらりと登場させていたわけではあるが、原作読者でも賛否が割れている章らしいこのリザードマン編をどのようにアニメ化するのだろうか?しっかりと描写はしてからあっさり目にはならないだろうとは感じられるのだが…。

 ぷれぷれぷれあです。も前回から続くストーリーではあるが全体を通してモモンガさんの黒歴史を見ているかのような感覚ではあった。前回がハムスケがメインではあったが今回はガチの黒歴史であるパンドラズ・アクターがメインのお話。ネコになってもパンドラズ・アクターが出るだけで完全に物語がパンドラズ・アクターの小劇場と化していたのは言うまでもない。なのに最後にちょっとだけいい話になっていたのはどうしてだろうか? 前回に出てきていた罠もしっかりと登場しつつ普段本編ではなかなか登場する機会が少ないプレアデスとパンドラズ・アクターを掘り下げていたと感じるところではある。 パンドラズ・アクターはいろいろと本編に生かせるところあると思うのにギャグキャラクターの地位にぴったりと収まっているのは少々残念?

 本編はクレマンティーヌ・シャルティア戦がメインで構成されたバトル回だったように思う。前作のバトルが一般人テイストならば今回はプロ仕様になっているといったところだろうか? バトルメインで物語が進んでいったからストーリーとしては前回よりもそこまでじっくり描写しているところはなかったかな? 前回が濃厚風味でシナリオを出していたのだとするのであれば今回はあっさりテイストであったように感じられるところである。

 ちょっと全体的に後半はあっさり目に収まっていたのは残念なところではあるのだけれども、ワールドアイテムのモモンガ以外の保有者の話だったり、これからに対する話はばら撒かれてはいるので全体の話を含めてどのように展開していくのかというところではあるのだと思う。溜まったものをこれから爆発させていってほしいなとは感じる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示