幼女戦記 9話 「前進準備」 感想!

神の声が聞こえぬところに

ドクトルとじゃがいもは天敵

 ターニャにとって完全にドクトルが目の上のたん瘤みたいな扱いになっているんだが。またしてもドクトルは天啓得ちゃっているみたいだけれどもこれから先存在Xによるターニャ絶対に殺すモン作戦の一環としてドクトルによる超実験の実験台にさせられていってしまうのだろうなぁ。ドクトルとは完全に運命の糸結ばれちゃっているよ。

 共和国に対する大規模作戦。敵の戦力の実を力で削ぐ。その先に待つのは本当に勝利なのだろうか?敵方にそれこそ存在Xの影がちらついているようにそれこそ味方側にも存在Xの魔の手が潜んでいると考えても不可思議ではなさそうな…。今回のドクトルの一件のように別の地味なところからばれないようにやっていそうではある。

 戦場よりもジャガイモによって先に部下を失うとは。存在Xはこれやればターニャを改心させられるんじゃね?とも思えなくもないところ。戦場以上に圧倒的な効果を発揮すると思えるんだけどなぁ。

 次回 「抵抗者」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示