セイレン 10話 桃乃今日子編 「オサガリ」 感想!

解らないのは男心

もう一歩踏み出せれば

 正一と今日子は近いからこそお互いに踏み出すタイミングがつかめないといったところが強く強調されているように感じるところ。それこそあと一歩お互いに歩み寄ることが出来れば一気に雪崩れ込むことになりそうなんだけれどもなぁ。何かおお互いに遠慮のタガで感情を強制抑制している感じだ。

 耀は自分のルートじゃないと猫かぶりしてしまってあけてはいけない墓穴を掘って自分で嵌っているような感じだ。そういった意味では合宿はいい意味で自分自身を曝け出せたということでもあるんだろうな。飾らない自分を出せる相手が正一だったということもありそうな感じではあるところ。

 郁夫の恋の編かも見たいところではあるなぁ。特別篇あたりでどうなっていくのかやってほしいと感じるところ。割合どのルートでも上手くいきそうな気配はあるわけで…。

 次回 桃乃今日子編 「カクセイ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示