チェインクロニクル ヘクセイタスの閃 8話 「諦めない想い」 感想!

一蓮托生

いじられるエイレヌスさん

 すっかり黒の王もエイレヌスもちぇいん黒にくるだと威厳失っている気がする。黒の王の娘に対する話は地味に伏線めいたものではあるよな。この辺り自我というか自分自身を失っていないというろとか。エイレヌス三は地味に付く人を間違えたのかもしれないと考え始めても不思議ではないが…。

 ユーリの過去。ユーリも最初は弱かった。というかアラムと近い。いつの間にかその思いは変質してしまったわけではあるがその思いを受け継いでいるのがアラムという部分は今回の展開によって強く出たようにも感じられるところではある。ユーリが過去にしたことを今にアラムが行うことによって新たな視点を生み出すようにしているというべきか。

 チェインクロニクルとユグドクロニクルの話はそこまで大きく紡がれるわけではないがラストには通じる柱として有用なストーリーではあるか。この辺りは原作に委ねている部分ではあるのだろうが。

 次回 「砂漠に咲く花」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示