CHAOS;CHILD -カオス;チャイルド- 8話 「錯綜する光と影に惑う思いは」 感想!

この思いが破裂しても

ニュージェネ最後の事件

 乃々と泉理が同一人物だったとは。そういった意味ではこのカオスシリーズも叙述トリックを使っているというところがあるから思い込ませてこそのこのトリックであり真実ではあるんだよな。乃々を専利が十分に演じきっているのかはともかくとして弟たちにとっての乃々は泉理であることは確かなのだ。

 乃々としてではなくすべての始まりの泉理として真犯人と戦う。嘘をつくことをやめた泉理としての償いではあるのだろう。今真mで自信を信じてくれた者たちのそして救えなかった人たちへの償い。そこに意味などないのかもしれない唯の自己満足でしかないのかもしれないが…すべてを終えた時彼女はどう生きていくのだろうか?

 例の音はアニメではシーン少ないからこそのあのカットではあるのかな?アニメだと1シーンだけぐらいだったわけだし…。事件に関わってはいけないというよりも事件に関わらなければならなかった。乃々の叫びもある種気休めでしかなかったというところでもあると感じるところ…。

 next #9
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示