幼女戦記 8話 「火の試練」 感想!

敵を作りには敵を撃てばいい

新たなる啓示

 ターニャが存在Xによって悪魔超人になり始めている横でターニャとは少し離れた周りには正義超人が如く神の啓示が降りてくる。新しいマッチポンプ状態になりかけているような。ますます存在Xの目的が遠のいていくような気もしないでもないんだけれどもそもそも目的を忘れてないっすかね?

 会社の命令は絶対な存在だからこそこの手の命令にも従う。ターニャの強さでもありターニャの弱さにも通じる部分ではあるのかもしれない。会社(軍)をいじればターニャを別のやり口で押しつぶすことも可能な気もするのだが…そういったとこは存在Xはもう試しているのかもしれないな。

 戦争が激化していくにつれてよりターニャが悪魔道を歩んでいく。その悪魔道の先には何が残ることになるのだろうか?ターニャの存在がデカくなるごとに存在Xの存在もデカくなる。いつか悪魔と神の軍が戦うことも近いのかもしれない。

 次回 「前進準備」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示