チェインクロニクル ヘクセイタスの閃 7話 「離ればなれに」 感想!

一人の涙

ユーリが残したもの

 ユーリが黒化したことによってばらばらになってしまう討伐軍。それはユーリの積ぎだしたものの大きさがいかに大きいのかということの表れでもあるし、ユーリが縛っていた絆の強さとユーリを縛っていた絆の強さを改めて指し示すものでもあるように感じられるところではある。簡単には解けないし紡げるものでもない。

 それゆえにユーリが雁字搦めになってしまったということでもある。フィーナの嘆きはそれこそユーリという人物に対する期待の大きさと自分たちにはユーリは背負わせてくれなかったということでもある。絆ゆえの部分でもあると同時に絆が足りなかった部分でもあると。ある種誰も明確な答えを得ていなかったと。

 だからこそある種外様であるアラムの存在がより明確に必要になってくるわけで…そこに答えを持ち込んできてくれる存在それがアラムなのだと・・・。周りに新たな風を光を持ち込んできてくれる存在。

 次回 「諦めない想い」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示