セイレン 8話 宮前透編 「モフモフ」 感想!

モフモフな家庭

透編最終章

 先輩篇ともいうべき透編ではあるが一つの行動をするだけでこんなにも他者との関係が変わってしまうというのはシリーズの醍醐味でありつつ人間関係の変化の大きさを物語っているように感じられるところではある。正一はモフモフな家庭を築いたわけではあるが耀についていっていれば耀篇でもここまで行けたのだろうか?

 コスプレが際どすぎるんだけれども・・ねーちゃんも含めてある種爆弾になっていたように感じられて致し方ないところではある。実際にやったら警告を逃れることは出来ないだろうなぁと感じられるところ。10年後の世界でもコスプレしているのかは気になるが出店関連の方もやっていたらそれなりに大きくなっているかな?

 近づくまでには時間がかかるけれども近づいてしまえば早いそれが透との関係性だったように感じるところではあるかな?ゲームの鹿のようにとまではいかないけれども2人の関係を端的に表すための装置としてゲームが使われていたようにも感じるところではある。

 次回 桃乃今日子編 「カテイブ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示