鬼平 ONIHEI 4話 「血闘」 感想!

血の覚悟

命投げ出す覚悟

 平蔵がここまで強いからこそそしてたった一人の為に自分の命を投げ出すからこそ平蔵は愛される存在であるのだろうと思う。それこそここまでできるからこそ局長なんて大役をこなすこともできるわけであるし、強さとやさしさと守ってくれる存在感…まさに理想の上司を地でいっているところがあるんだよなぁ。

 平蔵が若かれし頃一体どんなことをやっていたのかそれだけでも1本の作品として見てみたいところではある。今では考えられないほどに無茶やっていたんだろうな。その頃の経験があるからこそたった一人で盗賊団の所に忍込んで大立ち回りを演じることが出来るのだろうとも感じる。

 あっという間に解決していってしまうから一つのエピソードをよりじっくり見たいところではあるなぁ。そうすれば今回のような大立ち回りがより映えさすことが出来るようにも感じられるところもある。

 次回 「谷中・いろは茶屋」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示