鬼平 ONIHEI 1話 「血頭の丹兵衛」 感想!

人は月日が変える

鬼平犯科帳アニメ化作品。

 実写ドラマとしても長い歴史を持つ作品が初めてのアニメシリーズ化おいうのは正直なところ時代の流れでもあるのかなと感じるところではあるかな?実質的にチーム牙狼によるアニメといっても過言ではないと思うだけにアニメとしてどのような鬼平が描かれることになってくるのだろうか?

 1話にしては鬼平…長谷川平蔵を魅せるというよりは火付盗賊改方がやっていることを見せたような感じだ。鬼平のまわりで起きることを見せて新たな仲間を加えることによって新たな切り口を要していくぞという取扱説明書を貰ったかのような感じがするところではあるかな? コンパクトに収まっているだけにこれからどのように話を広げていくのだろうか?

 ドラマは1時間ほど使えるけれどもアニメは30分ほどしかないのだからこのあたりの違いもドラマを見ていた人にとってみればより大きな差として出てきそうな部分。

 次回 「本所・桜屋敷」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示