劇場版 オーバーロード 不死者の王 感想!

偉大なるその名は


オバロ総集編劇場版2部作の1章目

 ということで「劇場版 オーバーロード 総集編 不死者の王」見に行ってきました。2部作で展開される本作。マッドハウスの手がいっぱいいっぱいという現状もあるからなのかは分からないけれども基本的には新規シーンは冒頭のモモンガのユグドラシグログインシーンぐらいかなぁ。これがモモンガの本当の姿を出した初めてにしてたぶん唯一になるであろうシーンになるのだと思う。

 2章体制ということで全体的に言えばカットシーンが目立たない様になっている総集編となっている。1章目としては7話までが編集されて展開された形になっているので地味に後編の「漆黒の英雄」のキービジュアルの姿も出ている形にはなっているので、バトルシーンがほとんどない総集編にはなっているかな?その分その戦闘を後半に持っていっている形にはなっているのだけれどもね。

 パンフもキャストやスタッフメインの構成というよりはキャストとOP・EDアーティストの対談という珍しい形式をとっていたのは意外なところではあった。キャストとアーティストの対談をパンフレットに乗せるってのはあまり見たことがなかったからなぁ。後編もあるとすればどういった形式になるのだろうか?

 本編としてはモモンガもといアインズ・ウール・ゴウンを中心として彼視点のみと言っていい感じの彼の為の総集編として編集されていたように感じるところ。本編そのものもそうであるところは否めないがサブキャラクターのシーンをよりなくすことによってよりアインズ・ウール・ゴウンとしての物語りとしての比率を高めたかのような感じ。
 
 彼が名声を高めてユグドラシグから転生した人間を求める。その為の物語と言ったところで元々この世界にいた人間たちの物語も配下の階層守護者たちだけの物語りも少なかった。アルベド関連の物語葉あまりカットされていなかったのはヒロイン補正も相まっているのだろうか?

 漆黒の剣とクレマンティーヌが出会ってしまう所まで描かれているのが本作だから翔が途切れるところとしての切どころはいい感じではあるのかな?新嬉の人間にも入りやすいように設定周りやキャラクター周りを魅せる意味合いの強い総集編ではあったと思うし、盛り上がりどころを残した形にはなっているように思う。

 劇場版としての最大の得点はぷれぷれぷれあですの新作になるのかな?今回はオプレアデスがハムスケの恋愛相談に乗るお話。ハムスケよりもプレアデスやアルベドよりもモモンガよりも一番割に食っているのがパンドラズ・アクターという本作も2部作で繋がっているようだ。 というか本編で他しかハムスケがメスって話が出ていなかったからハムスケがメスって言っていてちょっと驚いた。ハムスケが発情期を迎えるたびこんな話が展開されるのだろうか?そうなるとモモンガはそれこそハムスケの伴侶を絶対見つけなくてはならなくなるところではあるのだが…。
 EDのSDプレアデスはここだけにしておくにはもったいないように感じるところ。どこかで再び活用されないかな?
 
 まるっとそのまま総集編という感じの作品ではあった。次なる展開が次章で待っているのかは分からないがこの作品を折角総集編にしたのだからというところは見たいかな。 後編はラストあたりに新嬉が入り込むことになりそうだとは思うところではあるし…。

 次章 劇場版総集編 オーバーロード 漆黒の英雄 2017年3月11日 公開予定
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示