リトルウィッチアカデミア 14話 「ニューエイジマジック」 感想!

新時代の到来

SSS=CGってことでもあるのだろうか?

 新任教師クロワは中々怪しい存在であることは確かではある。裏があるというよりは何か目的をもって学園へとやってきていることには間違いないわけで、その目的が善方向へと移動しているのかそれとも悪方向へと移動しているのかというのは見えてこない部分ではあるけれども。

 クロワが学園に持ち込んだSSSは本当に新しい息吹になるのだろうか?良い面ばかり見せつけ等qれているような感じもするところではある。けれどもこれがアニメーションにおけるCGとなるならば、最終的に悪の側面ばかりが出てくるわけでもなさそうな予感はする。手書き徒CGの融合という意味では解釈をより新しい方向へと持っていくものにはなりそうだ。

 クロワとアーシュラの関係性は何だろうな。マグルとの繋がりもクロワにはありそうな感じがするところではあるのだけれども魔女界と人間界やそれだけではない大事へとこれからの物語は発展していきそうだ。

 next #15
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

この作品はたしかにアニメ業界のメタファーから始まってるけど…

あの世界の人間(一般人や魔法否定派)がクロワの現代魔法みて魔法すげぇってなるか?それで減った生徒を取り戻せるか?ったらまあ無理だろうねぇ…
ようするにマジクトロニクスって魔力(魔法)で駆動する機械ってことだから、魔力をつかわない機械でもよいわけで、あの現代魔法だと、あれならべつに魔法なくてもよくね?と考えてしまったしな。
神秘も超常性もないロマンを捨て去った魔法になんの魅力があろうか…

(助成金で)政府が絡んでるんで、絶対に魔法否定派がからんでるだろうな


現実にも科学はできないことはたくさんあり、魔法にしかできないことは確実にあるし作中では描写されてきた、ほんとうにやるべきは新しい魔法の研究開発や魔法道具の開発量産化の先端の研究なんだよな。伝統にしばられてそれが出来ないのは愚かだが、クロワの現代魔法も足元見てないというか魔法のアイデンティティすて去ってる
科学との共存はそうじゃないだろう

魔法はゼロエミッションだからな~世界中の人間が帚で移動するようになったら温暖化が劇的に改善していく
魔法を習得するには魔女の血を引いてないといけないわけでもないし、いくらでも科学を押し返せる要素はある

犬 さんへ

 個人的にはリトルウィッチアカデミアシリーズとしてはアニメミライの時と劇場版の時1回目の時とTVシリーズを比較するとアニメ業界に対するメタファーは強くなっているように感じる。寄り明確なメッセージ性を持って物語を構築しているというか、TVシリーズになったことによってケーキの切り分けを提供するのではなく、ケーキをホールそのままのように素材と料理を出さなくてはいけなくなったからとも考えられるところではあります。

 魔法と科学の融合。魔法だからこそできること、化学だからこそできることの融合はこれから先大きな要素として描かれていくのだろうしそこにアツコたちの魔女としての成長が張ってくると思っています。
 現状の魔法文化を考えると衰退というか後退は免れることは出来ないだろうしある種押し返すというよりは現状維持に近い形には展開の落としどころとしてなるのではないのかなとは感じています。

 クロワの本当の目的や魔法反対派の行動についてはそれこそまだ見えない部分も多いから何とも言えないところではあるけれども、クロワに関していいえばそこまで悪に描かれるわけではないとは思うけれども…。
プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示