CHAOS;CHILD -カオス;チャイルド- 5話 「妄想の住人が騒ぎ迫る」 感想!

妄想の肩たたき

そこには区別はない。

 能力者との対峙。こうして拓留たちが集うことになったのは必然ではあるのかもしれない。妄想が現実を侵食するように誰かが拓留の味方を作り乃々たちは存在することになったのかもしれない。妄想と現実の区別を付ける人間ははたして本当に妄想と現実の区別がついているのだろうか?

 サイコキネシスの能力者との出会い。拓留たちが遂に妄想側から襲撃を受けることになったわけではあるがそれは逃げられないことへの証でもあるのだろう。もはや後ろに交代することはできないのだから拓留たちは前へと前進していくしかない。その先に拓留たちが平穏無事でいられる世界はあるのかは分からないけれども…。

 少しづつ手繰り寄せられていくそれぞれの糸。そこには何が繋がれているのだろうか?手繰り寄せてはいけないものを手繰り寄せてしまったがゆえに拓留たちの選択は過酷だ。

 next #6
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示