ガヴリールドロップアウト 6話 「サターニャの逆襲」 感想!

逆襲劇からのドロップアウト

サターニャはバットマン

 サターニャによるサターニャの為のサターニャ回であるのだが結局はいつも通りになってしまうのはサターニャだからであるのだろうな。どんなに巡り巡ってもサターニャがガヴに勝つことは出来ないのかもしれない。それを確信してしまうための回でもあったように感じられる・・・サターニャはサターニャなのだと。

 謎ルールのライオン。バットマン=コウモリ=悪魔ということではあるのだろうが将棋でそれを示すというのもある種地で恐ろしい子をやっているような感じ?サターニャがガヴに勝つためにはそれこそサターニャが】天使になってしまうくらいの意外性と天地逆転の方策がなければきっとできない。

 ガヴは本当は絵が上手いんだろう?ヴィーネは人間より人間らしいというべきかもしれない。そして何もしゃべらないけれども実は生徒思いな先生はステキ。毎年おかし用意して子供たちを待っているんだろうなぁ。

 next #7
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示