実写劇場版 咲 -Saki-  感想!

その咲に翼が広がる

実写版ドラマシリーズの完結編

 ということで劇場実写作品でありつつTVシリーズからの完結編となる「咲 -Saki-」見に行ってきました。ドラマシリーズでは合宿編までが描かれる形となっていて他校はあまり物語に絡まなかったけれども本作が県大会篇ということもあって今まで出番の少なかった他校メンバーも本格的に絡んだ展開となっている。

 ドラマシリーズ同様に基本的に原作通りのストーリー展開をしている作品になっている。一人存在を消されたりしているがこの時にはもう登場が一コマだけとか当たり前のような存在だからその辺り本編には影響していない…。衣との大将戦は比較的長く麻雀シーンが演出されているが、それまでの戦いでは臂臑にコンパクトに収められているのも一つの特徴になっていると感じるところではあるかな。 麻雀演出重視というよりはドラマ重視だったように感じられるところではある。

 基本的に原作通りなことも相まってかそれこそ原作を見ていると原作の復習用ドラマという部分は抜け出しきれていなかったように感じられるところではある。原作的に言えば県大会が適度なキャラクター数で回して物語的にも盛り上げることが出来た部分ではあるのでドラマ・劇場版的に言えばよい甲地で幕を下ろすことは出来ていたかなとは思う。これからに続く感じも強く残していたのでそれこそここから先は十分にあり得るかなとは感じるところだ。

 ビジュアルが劇場まで非公開にされていた衣と桃もちゃんと登場して改めて全体を見通すと原作のビジュアルに近いキャラクターがちらほらいるなぁと思う。意外ところのも身長が高く感じられたのが意外なところではあったのが…これは衣がデカいのか周りが意外と小さいのかどちらなのだろうか?

 そんなオカルトありません!とかそろそろ混ぜろよ!とか原作のセリフも登場するわけではあるけれども、ドラマの流れというか雰囲気で「そろそろ混ぜろよ!」をやられたらちょっと違和感めいたものを感じてしまった。全体的にすっきり展開されている影響もあってか池田に対して溜めこむところが足りない感じもあったからかもしれないところではあるかな? 時間を掛けたりその後のシーンがより充実していたら違う印象を受けたかもしれない。

 RPG的なアニメでも演出されたシーンは減ってドラマ展開重視で麻雀に対する考え方を見出す作品になってきたように感じる作品ではあったと思う。
 TVシリーズと劇場版をもってして一つの作品により仕上がるように作られた作品であったと…。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示