OVA 魔法使いの嫁 星待つひと:中篇 感想!

特別な一夜を君に

3部作2章目

 ということで「魔法使いの嫁 星待つひと:中篇」見に行ってきました。全開は前篇部分に特別インタビュー映像が付いた作品となっていましたが本作はインタビュー部分はなくSD短編集である「まほうつかいのよめ」が同時上映作品として同時上映されている作品となっています。てっきりインタビューも3部作構成になっているものだとばかり思っていたのだけれども本作はそうではないアニメーションオンリーの構成になっていた。

 「まほうつかいのよめ」に関してはルツ視点からの物語。いつもは見られないコミカル重視の作風になっていた。ルツやエリアスの出番がここでは多めなのはやっぱり本編としては出番が少なくなってしまう、というか少ないからそのフォロー的な役割も存在するのだろうと感じるところではある。 このシリーズTVシリーズ化した際にはそれこそ次回予告的な役割で使われていきそうな印象はあるかな~? 要素的にも後編の上映時にも挿入されそうではありますがその時は本編では見ることのできないどのような姿を見ることが出来ることになるのでしょうか?

 本編には前篇のダイジェストも挿入。時間的には2分くらいのような短いダイジェストとなっている。後編にも前篇と中編を合わせたダイジェストが挿入されることにはなるのだろうと思う。
 本編はチセと理一の出会いと交流が描かれる物語が中心となって描かれている。ルツやエリアスも1シーンではあるが登場している。けれどもこれに関して言えば主役格として出す必要性があったからこそではあるかなと感じるところではある。

 中編ではあるけれどもまだサブタイトルにあたる「星待つひと」の意味合いが明かされていないところではあるのだがこれは後編に明かされることになってくるのかな?後編に向けた物語の糸は複数の子されているのでどのように糸が手繰り寄せられていくことになるのだろうか?

 チセの人間界における風当たりはやはり中編になっても強すぎる。理一と出会ったことによってチセ自身が変化してきたところはあるけれどもこれがなければもっと早くチセの心が完全に折れてしまっても不可思議ではない様に感じられるところである。理一から託されたものがチセの心にどのように残ることになるのか、チセを形成するにふさわしい物語が出てくるのだろうか? 
 再び一人っきりになってしまったチセが一人達があることが出来の課というところはとても不安たるところではあるけれども。

 理一は優しそうな外見とは裏腹に謎の人物だった。本当に魔法使いなのかというところは少なからず残っている訳ではあるし、狂ったように本を読むその姿とか図書館との約束事、過去の出来事とかまだまだ謎めいたところが多い人と言った印象が抜けきれないところではあるかなと思う。 その行動の真意や過去の出来事は後編への『お楽しみになるのだろうけれども。

 チセは本に呼ばれたのか図書館そのものに呼ばれたのかそれとも理一に呼ばれたのか…そのすべてではあるのかもしれないがチセと理一や思い出の本自体への繋がりはより次回で強く出てくるのかもしれない。チセがそれこそエリアスに出会う運命めいた幼少期のきっかけが隠れているかもしれない。

 起承転結の転にあたる部分までが描かれた形になるか。はたして結をどのように締めるのか。これからにも繋がっていく部分なだけに綺麗に収めてほしいところではあるけれども。

 next 魔法使いの嫁 星待つひと:後篇 2017年8月19日(土) 公開予定
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示