リトルウィッチアカデミア 11話 「ブルームーン」 感想!

青き葉が染まるときに

言の葉を解放しないと何かあるのかな?

 7つの言の葉、アツコが解放した言の葉は今までで2つ。そう考え無くても残りすべての言の葉を解放するにはまだまだ時間が必要になってきそうだ。でも総合的に魔女の力が衰えたのも魔女の数が少なくなったのも何か大きな起因があるような感じだし、言の葉も解放させないとならないような感じ…。

 アーシェラ先生がアツコにすべてを話す刻。その遠きアツコはどのように成長しているのだろうか?夢のように魔法を駆使してショーを行っているのだろうか?それともすべてを挫折した世界が待っているのだろうか?シャイニーシャリオが魔女界において異端ながらも希望だとしたらアツコもその希望になれるのかな?

 実は裏側で動いていることの事の重大さは深刻なんじゃないのだろうか?もはや早くアツコを一人前にしないといけないような事態になっているように感じられる。魔女界の見の話も人間界との関係も手遅れになりつつあるような気がしてならないところではあるけれど…。

 next #12
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示