Rewrite 2nd シーズン Moon編/Terra編 17話 「地球救済ハンター」 感想!

前進しない月日

Terra編スタート

 最終章となる「Terra編」がスタート。OPトEDも変更になったわけだけれども、両作品とも作詞が魁さんとは。やはり時期的にだーまえ入院中だからだろうか。この忙しさでは確かにABもなかば中吊り広告状態にはなってしまうわなと実感させられるところではあるかな。失われた10年を再び巡ることによって真実への柱にたどり着けるのだろうか?

 こうしてみると篝の存在がいかにして登場人物の関係に変化を与えているのか?というのがはっきりと見えてくる。そして10年という混濁の日々がいかに人に変化を与えるのかという実感もまた強く表れているかのようだ。運命に翻弄されるというよりは宙ぶらりんだからこそ人は怠惰になってしまうのかもしれない。刺激を与えたところで変えられるとはあまり感じられないかもしれないが、どんな出会いだったとしても人の人生に不必要というものはないのだろう。

 命の物語。失われた命の物語。摩擦することの避けられない命の物語はどのように人生に火をともすことになってくるのDろうか?それがたとえ偶然だったとしても晴彦にはちゃんとその摩擦によって命に炎が燈った。

 next #18
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示