ガヴリールドロップアウト 3話 「友と勤労と虫刺されの夏の日」 感想!

悪魔は天に、天使は地に

バイトはじめました。

でもガブならばMMOとかでも小遣い稼ぎしていそうなものではあるのだけれども、それをヴィーネが許してくれなかったのか。それとも小遣い稼ぎはしているけれどもそれ以上に湯銭のごとく課金しようとしているのかどちらなんだろうか?後者の方が確立としては断然高そうではあるが…。

 ガヴによって平穏な生活が一変する喫茶店店長。彼の平穏はヴィーネがもたらしてくれるけれどもそれ以上にガヴたちの存在によって胃薬が手放せない状況になっていってしまうかもしれない。現状の店長対応が続くようならばガヴを掛けることは出来なさそうではあるが店長はこのまま流されていってしまうのか…?

 サターニャは食べ物関連だけは恩恵を受けているように感じられるところ。それ以外だと全世界の悪魔以上にひどい目を受けているような…味音痴というのが彼女の最大の強みであり最大の武装ではあるのかも。これからサターニャ葉天に昇らずガヴを超える日はやってくるのだろうか?

 次回 「いざ夏休み」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示