小林さんちのメイドラゴン 4話 「カンナ、学校に行く!(その必要はないんですが)」 感想!

マジ、やばくね?

小林さんの財布の貯蔵量は十分か?

 トールにカンナと一緒に引越しした後にカンナの小学校入学。小林さんのお財布事情が気になって仕方ない。確実にため込んでいただろうと思うけれどもそれ以上にそれを微塵も感じさせないその財力が実に羨ましいところではある。ほんと漢の中の漢といってもいいのではないのだろうかとすら感じるところではある。

 リコは確実に人間版トールだと思える。早くもあらゆるカンナへの感情のパロメーターがカンストし始めているわけであってこのままいくとトールと小林さんのような関係にいつの間にかなっていても不可思議ではないところだろうと思うところではある。小林さんとトールが心配していた人間との関係をあっさり打ち砕いてくれる存在でもあるわけでそういった意味では人間とドラゴンの橋渡しをちゃっかりしているとも思える。

 ドラゴンドッチボールは様々な意味合いでヤバイな。ドラゴン人間形態基準ではあるがもっと力を解放したらそれこそドッチボールで人類滅亡コースというカウントダウンもやれたりするのだろうか?何気に小林家がドラゴン集会場になっている気が…。

 次回 「トールの社会勉強!(本人は出来てるつもりです)」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示