セイレン 5話 宮前透編 「コウカン」 感想!

一撃必殺の方法

夜戦に特化

 ということで2人目のヒロインである透編スタート。時系列的なことを言えば耀編よりもスタート地点は先になっているのかな?耀が十萌に敵対心を抱いていないサンタイベントの前のようではあるし、しかしながらここまで好感度が戦ったということはミスサンタで一体何が起こったというのだろうか?それが明かされる時がやってくるのだろうか?

 ゲーマー透との付き合い方はゲームにかぎる。シカゲーは何がモチーフなんだろう?ダークソとガンダムVSなのは分かったけれどもシカゲーだけ何のモチーフ変わらなかった。共通の趣味があるというだけでも奥手な正一からすれば取っつきやすいところはあるからかなんだか2人の関係は仲の良いから少し進んでいるようにも感じられるところではある。ここから攻勢を掛けられるのかが正一にとっての正念場ではあるが。

 ヒロインが変わることによって少しだけ立ち位置を変える人間関係があらわされるのもこの作品としての面白さではあると感じるところではある。4話構成だから仕方ないとはいえもう少し横の広がりもあるといいのだがなぁ。そなお足りはこれからの展開に期待するしか無いかな。

 次回 宮前透編 「タイセン」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示