クズの本懐 3話 「Show Me Love (Not A Dream)」 感想!

青春は嘘の積み重ね

子どもではいられない気持ち

 人は嘘を積み重ねることによって人間になっていく。その仮面を手に手にした者だけが動物としてのヒトではなく人間として生きていくことができるのだろう。たとえその嘘がなにを起こそうとしても仮面を変えることによって人間らしく生きていく。真実の思いは空しくかき消される。それが青春が積み重ねてしまった嘘の階段。

 報われないとわかっているからこそ人は気持ちをすり替える。悲しい思い出を楽しい思いでで埋めるように、都合の悪い真実を都合の良い現実にするように。祖すして心の平穏を保つのが人間らしさともいえるのではないのだろうか?それが出来なければその心は唯壊れていくだけであると。それでも壊したくない思いは一体どこへ行けばいいのだろうか?

 向けられる好意も向けられた好意も、それを拾うことが出来なければ好意は好意たりえるのだろうか?嘘をついていくことが生きていくこととはいえいつかは自分自身にも嘘をつかなければならない。

 次回 「Bad Apple!!」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示