チェインクロニクル ヘクセイタスの閃 2話 「共にあるということ」 感想!

絆の力

絆を貯めろ

 黒の軍勢とそれこそ義勇兵を募ってコツコツと戦ってきたユ-リたちに比べると確かにアラムの現状は劣っているというか明らかに大きな関係性の落差があるんDな米。新規勢の為のキャラクターとして世界や物語に入っていく為の存在でもあるけれどもそれ自体がユーリたちとの関係性を掘り下げるうえでの足かせにもなっているように感じる。

 アラムとユーリたちの関係性を見るとひとりマイナスから始まっていらっしゃる人がいる訳だし、どうしても絆を作るなんて不利のようにもユーリたちが築いているものを超えるようなものを作るのは難しいようにも感じられるところではある。そこをどうやって埋めていくのかキャラクター性を出すうえでも難しいポイントではあると思うが。

 アクションシーンが動くゆえにリンク技の表現が難しいとあkン時るところではやっぱりあるんだよなぁ。オリジナルのものにしてしまえばまた違った感じには成るのだろうけれどもそれはこの作品的には出来ないことだろうし…。

 次回 「忠義のしるし」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示