リトルウィッチアカデミア 7話 「オレンジサブマリナ―」 感想!

成長するもの成長を見届けるもの

落第危機

 ダイアナが見たアツコの未来は一体なんだったのだろうか?それ以降のダイアナも雲隠れしてしまったことが気になるところではあるし、どちらかといえばダイアナの占いはいい方向性の方へと変換されているような印象が強い。ダイアナが一体何を見たのかというのはいつか明かされることにはなるかな?

 VSテスト回だったわけだけれども小刻みな展開が詰め込まれていながらもテンポのよい回になっていたように感じるところではある。半魚人だけでも1話使っても不可思議ではないようには感じられるけれどもそうせずにあっというまに締めくくったのはよかった。というかパイシーズ先生がおもしろすぎた。ルアーと入れ替えると雰囲気変わりました?ってネルソン先生に言われるパイシーズ先生って一体…。

 アーシュラ先生はやっぱりアツコと自分自身を重ねているのだろうか?それとも重音内で先生と生徒という関係の中でよりアツコの良さを見出しているのだろうか? やっぱりアツコも最終的には教師を目指すことになるのかな。

 next #8
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

うーん…これ、初等部からってならまだしも一般家庭出身者がルーナノヴァに入学して落ちこぼれんなというのが無理なような
アッコの才能どうこうよりどうみても授業についてくの厳しい。


魔法哲学なんて、魚類語だし。少なくともルーナ文字と魔法哲学を選択する場合魚類語はアカデミックレベルの語学力が要求されるのか。
授業は英語だし
複数の言語でアカデミックレベルの語学力が必要だとか…大学留学するより語学力が要求されてるな


幼少期からやってないとそうとうな無理ゲーだwww

犬 さんへ

それでもアツコはルーナノヴァに入学している訳だし「何か」を見出されたことは確かだと思う。それが何なのかというのは分からないけれども…海外らしく入学は簡単で卒業は難しい形になっているのかも。

魚類語の魔法哲学は兎も角として日常会話は出来ている訳ではあるわけであって、そもそも「魔法」が存在する世界においてこの世界の一般的な常識は通じないかもしれない。

そもそもいわゆる落ちこぼれなアツコが大きく成長するまでの物語というところもあるので、その成長をきれいに描いてほしいと思っています。
プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示