リトルウィッチアカデミア 6話 「ポラリスの泉」 感想!

その泉の映し出されるのは

アツコの未来

 アニメミライから生まれているってこともあるのかもしれないが、魔法をアニメに置き換えても十分通じる話ではあるよなぁと改めて実感する。アツコが全然ダメダメなのもアーシュラ先生が努力でここまで上り詰めてきたのも…伝えたいことがあるという目的も結果も見据えたうえで作品が作られている。この作品が生まれた瞬間からあるものだと。

 アンドリューはOPにも登場していたからこれからより重要なキャラクターになってきそうだ。魔法学校および魔法自体に対してマグルの存続・廃止論があるということはアンドリューとアツコの子の交流がより後半の意味を成してくることになるのだろうな。ダイアナとアンドリューに何があって冷え切った関係になったのかはいつか明かされるのだろうか?

 アツコがシャイニィシャリオの過去を知ったことによってこれから変化が訪れるのだろうか?ロットのことを考えるといつかは正式に引き渡せる時もやってくるとは思うけれども、いつかシャイニィシャリオんお過去だけの物語も見てみたいところではあるかな?いっそ劇場版三度でも…。

 next #7
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示