幼女戦記 1話 「ラインの悪魔」 感想!

幼女の皮を被った悪魔

ド○ツはいつでも全方位作戦

 幼女の皮を被った悪魔襲来。軍人社会をサラリーマン社会に置き換えたところもあるのだろうが、そういえば上には逆らうことが出来ないとか共通項目も多い。サラリーマンこそ最強の軍人ではあるのかもしれないな。幼女の皮を被っている人はある種行き過ぎているのだけは確かなのだろうけれども。

 明言はされていないけれどもこの手の作品におけるヨーロッパ戦線の確立の高さは異常。でもこの戦線の疲弊を見るとターニャが一人戦歴を上げていってもいつかは帝国側の方が心労が祟ってばったりするんじゃないかなとも思えなくもなかったりするわけで、その中でターニャが別の道を歩むことになるのだろうか?

 近代兵器と魔法って意外と相性良い気がするんだ。進過ぎた科学が魔法と変わらないように。それぞれの端っこ同士にある技術というのは逆に融合できるというか…。この作品web短編アニメと本編の絵柄を変えていたらどうなってしまうのだろう。

 next #2
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示