セイレン 2話 (常木耀編) 「ヤマオク」 感想!

勉強の天敵

謎めいた比喩表現

 麻子も隠し攻略キャラクターとして攻略することが出来るんだよね?そうだといえ!実質裡沙だしなぁ。ヒロインのCVは被らない様に作られているシリーズではあるが過去ヒロイン(の中の人)がこうしてサブとして登場するとは思っていなかったから。セイレンはシリーズからすると変化球多めのトリックスターのような印象。

 でも合宿の中でもこういった恋人と気分な人たちはいるでしょ?いやいない?でもこの一件がきっかけとして正一と耀の関係性は一気に近づいたのは確かだ。ひかりの心の内が見えにくいところがあるというか本音を猫かぶりしているようなところがあるからまだまだ腹を見せている訳ではなさそう。でも最初は警戒していたけれども人となりが分かって近づいてきてkる得るようになったネコになったのは確かなような感じ。

 友人エンドは郁夫でお願いします。聖人君主のような郁夫さん登場しているだけ謎の安心感があるのはどうしてなんだろうか?正一・郁夫・麻子・光の4人グループがすっかり出来上がったようにも感じられるしそれこそこの4人の関係性をより掘り下げていったスピンオフ作品を見たいところ。

 次回 常木耀編 「オトコユ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示