劇場版 傷物語 Ⅲ 〈冷血篇〉 感想!

永遠の傷の物語

5年越しの完結

 3部作最終章が遂にお披露目。ということで1章公開から3章公開まで1年という月日が経ってしまったけれども劇場版制作発表から実に5年越しに劇場版アニメ完結と相成りました。これで化物語以降大きく欠けていた「物語シリーズ」のピースがアニメとしても埋まったことにはなりましたか。

 ドラマツルギー・エピソード・ギロチンカッターとの戦いを終えての最後の物語。全体的な構図を見るとそれこそこの作品は分割するにしても2部作が限度というのは確固たるものであるように感じられたところ。深く入れば入るほどによりその方向の方が作風としては一番合っていたのではないのだろうかと感じるところではあるかな。
 ただ作劇としてはどれも近年のシャフト作品としても力の入ったものになっていた尾は間違いない分全体的な公開バランスが1年かかったのは致し方ない部分はあるかなと思う。

 登場人物が4人と少ない分より収束に向けたドラマ展開がなされれていように感じられる。もう行く道は決まったから後は覚悟を決めるだけ。そんなような全体のストーリーバランスだったように感じられるところ。
 翼との決起集会と導き、忍との決戦、メメとの後処理と各個人に当てられた物語もはきっちりしていたから乱雑になることなく収められたように感じられるところだ。

 3賢者との戦いは割かれた尺がそれほど大きないからかあっさり終わった印象があるのだけれども、キスショットとの対決は今回の一番の山場ということもあってか傷物語の戦闘や動きの激しいシーンとしては一番尺が取られていたように感じられるところではある。 アニメでこんなに欠損しまくる戦闘シーンもないかもしれないというくらいには、頭という頭から腕という腕、内臓に骨、体という体が飛びまくる戦闘になっていた。
 これでよくPGとか引っ掛からなかったなぁという印象もある。

 翼との体育倉庫の一件は、暦人生最大チャンスだったように思える。ここで選択肢を誤っていなければ猫物語や化物語は生まれることはなかったかもしれない。特にこの後襲ってくる猫物語関連のことは確実にこの時点ならばさまざまな対策と回避方法を試すことが出来ただろうし、翼との関係もその様相を様変わりさせていただろうと。 翼自身の言葉からもそれをうかがわせるものがちらほら出てきている訳だし、暦はある種ここでも大きな選択ミスを犯していたということで…。
 チキン々木さんじゃなければそれだけでも世界の可能性というものは大きく変わったのだろうか?それとも変化することなく行きつく先は結局のところ一緒だったのだろうか?

 吸血鬼と人間の大きな違い。絶対的に受け入れ開ければならないものであって絶対的に欠かすことのできないこと。人を食べるという行為によってキスショットと暦は仲たがいをすることになってしまったわけではあるが、このあたりはキスショットの最初の眷属である初代怪異殺しとの話に、終物語に通じるところでもある。やはりそこまでにこの話をアニメとして展開することが出来なかったのは痛い部分ではあるだろうなぁ。 でもその経験があったからこそ、その話を聞いていたからこそ暦とキスショットは別の道を歩むことが出来たようにも感じられるところではある。

 メメはやはり喰えないというかバランサーらしさが出ていたように思う。ある種この作品を別の意味で象徴するようなひとだよなぁ。本当の意味でいなくなってはいけない人でもあったと感じるところだ。彼の提案した総てが不幸になる平等の提案があってこそ全てが今に通じると考えると物語シリーズに残した影響ははかり知ることが出来ないと改めて感じさせてくれるところでもある。

 総ての始まりでありすべてに通じる物語。ここがあってこそようやくアニメシリーズとしての欠落した部分が埋め込まれたと同時に新たなスタートでもあると思う。3部作で5年という月日をかけたこの作品は永遠に秘匿されるが永遠に消すことのできない物語としての役目を全うすることは出来ていたと感じる作品であったと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示