3月のライオン 11話 「ゆく年/くる年」 感想!

魔法の世界で

家族のやさしさ

 川本家の描写に絞ると家族に関して父の親の存在以上に亡くなっている母親とおばあちゃんを押してくるよなぁと。それが川本家今こうである理由であるようにも感じるし、触れない存在はいつしか触れなければならない存在に変質するのかなとも感じるところではある。そうなった時零はちゃんと家族として接せられるのだろうか?

 家族のやさしさに触れる。零が忘れてしまったもの忘れようとしているものを取り戻す。川本家はそういった意味では零の心の隙間を埋める存在であるように感じるところではある。零にとってはこそばゆくも感じるところではあるけれども必要であると感じるところでもある。いつか恩返しをすることになるのかそれとも。。。

 零は川本家から返せないものをたくさんもらっている。だからこそより家族として近づいていってもいいんだよなとは感じるところではあったりするnaらないと宣告されてしまいそうないつかそうなりそうな予感もするところ…。

 next #12
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示