Lostorage incited WIXOSS 12話 「夜明け」 感想!

永遠の夜明け

まさかのあきらっきー

 続く?それともこれで終わり?全体的には1クールノ単発系としてやっていくつもりではあるのだろうか?その答えは今はまだわからない。ウィクロスの世界そのものが永遠に掻き消せるものではないということだけは確かではあるからいつかどこかでまた新しい運命の導きがあることだけは確かだ。

 すず子と千夏。2人で一つの物語であったように感じるところ。離れてしまった心を再び取り戻す物語。そこに記憶という鍵なんて必要ではなくただ2人がいればいつでもいつまでも作り出すことが出来るという物語。前作が中心と周りで複数の物語構成がされているのだとしたら本作は2人だけの物語であったように感じるところ。

 紅は一体どのような存在なのだろうか?悪意が最初に生まれたのだとしたらその悪意の残り香であることだけは間違いないのだろうが…そこに意味など存在しないのかもしれない。ただ明確な敵として現れたということに過ぎないのだろう。

 新たなウィクロスの物語はどこへ行くのか。その答えはまだないのかもしれないがいつかすべてを終える物語はやってくるのかもしれない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示