Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- 12話 「オカルティック・ナイン」 感想!

人と時間の狭間にて

詰め込んだなぁ。

 ゲーム版はやはり3月1日を超す人間の数がエンドによって変わってくる可能性があるのかそれこそ256人全員を救い出すシナリオだってあるはず。幽霊になっても認識性が無くなった世界でも一人ブログを更新するって逆に怖くねそういった意味では永遠に更新し続けるブログがあるするならば…。

 エプローグもそこそこになってしまった感じはあるけれども1クールの尺を使って詰め込めるだけ詰め込んだ感じである。初回過去のラストは1時間ぐらいあってもよかったようには感じられるところではあるかな。そうすればもう少しだけの余裕があったとは思うけれどもそれでも全体的な勢いを失わせずにエピソードをやりきったというのはやろうとしてもなかなかできることではないと思う。

 謎は残ってしまったところもあるけれども全体的には噛み砕くだけのものが十分に用意されていたように感じられるしこれだけ詰め込んだけれどもキャラクターはちゃんと皆立っていたと感じられるところ。稜歌らしい稜歌を見ても本当の量かなのか分からなくなってくるあたりもはや大元から思念体としては同一人物の統合2人は稜歌ちゃんなんだろうな。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示