響け!ユーフォニアム2 11話 「はつこいトランペット」 感想!

あなたを振り向かせる音

初恋の音はなんの音

 麗奈と昇を巡る恋物語の決着が…。というよりも麗奈の心に積り積もったものに対して方が付けられる回であったように感じるところだ。最初の最初から本編が始まる前から提示されてきたこの想い。そこに片を付けるというだけでも重いものであるのは確か出会ってそれを成し遂げただけでも十分すごいことではあるんだよね。

 麗奈にとって大切なのは未来。金賞を取ることによって昇がこれからどうなるのかというのは一層不透明になるかもしれないが、昇の中にあるもやもやした気持ちに対しては昇自身が区切りをつけることは出来るだろう。その先に麗奈が思い描いた未来が待っているかもしれない。その為の区切り。そうやって気持ちを切り替えることが出来るだけでも麗奈も大人になったということでもあるのだ。

 久美子が周りと共に成長していって最終的に自分自身が引っ張られているのならば、麗奈は自分自身で自分自身を巻き込んで自分自身を引っ張っていっているんだろうな。自己完結型と他者巻き込み型違いはあれどもそうやって少しずつ音と共に彼らの未来も前に出ていく。

 next #12
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示