フリップフラッパーズ 12話 「ピュアハウリング」 感想!

気持ちは共鳴し勇気を生む

母からの脱却

 まさかTT-392にこんな隠し機能があるとは。あのロボ会でこの機能をお披露目することが出来ていれば…と言いつつも能力的なものから見て確実にお遊び機能としてこの変形機構は存在するんだろうな。実際そこまですごい戦闘力を発揮できたわけではないし。能力的にも数値上がっていなかったし。

 幻想からの脱出。パピカ・ヤヤカの親の存在というのには触れられていないわけではあるが、ミミの言動や行動はある種のメッセージ性を伴った幻体ではあるかなと思える。テーマ性に沿う物語を作り上げるために作り上げられた存在という感じは否めないところではあるかな。かつて自由を求め束縛からの脱出をしたものが自由ではなく束縛を他者に与えるというのはもの悲しいところではあるが、それしか知らないというのもあるのだろう。

 ヤヤカが変身したらパピカとココナはもっと変身した。つか黄色→緑って珍しいなぁ。それぞれの心を表す変身の仕方だとしたらヤヤカは寝返りとやさしさを表しているのだろう。まだ提示し回収しきれていないことは多いけれどもどのように決着をつけるのだろうか?

 次回 「ピュアオーディオ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示