ViVid Strike! 12話 「繋いだ手の中に」 感想!

その手の中に絆はある

まるっとエピローグ?

 決勝戦の後の集合写真フーカがボコボコになっているんですが…。本当のラスボスはアインハルトさんなのでは?という疑惑も持ち上がるところではあるけれどもフーカとリンネの仲直りの為の物語は綺麗に解決した形に。私たちの戦いはまだこれからだを本当にするのかは分からないけれども、フーカとリンネの物語としてはこれ以上ない終幕の形でもあるように感じる。

 お互いに命の洗濯をしたからかこれ以上ないというか今までできなかったことを埋めるかのようにいちゃいちゃしだしてる。ジルもようやくというか今まで見失っていたものを取り戻したように感じるところ。失ったものは大きすぎてもはや戻ってこれないほどのものかもしれないが、それでもやり直すための時間はまだこれから先も十分にあるから、これからより大きなものへと変化させて取り戻していけばいい。

 1話丸々とエピローグとしてリンネとフーカの物語に決着をつけたような感じもある。もう彼らの手の中におさめられた絆は途絶えることも消えることもないだろう。男同士の友情のの儀式を女の子同士で行なったそれがこの作品であったように感じるところだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示