ブブキ・ブランキ 星の巨人 24話 「冒険者たち」 感想!

冒険は続く

この世界は満ち溢れている

 ギーの野望を打ち砕いてから1年後の物語。まっるっとその後の世界を描くというエピローグ話でありつつギーが東にした予言の回収話でもある。サンジゲンの作画シーンが多めというのも珍しい。というか作劇だとわかるシーンが多めにあったけれどもこれは三次元作品としてはこれが最初で最後になるかも?

 この世界は「」満ち溢れている。冒険をしてその記憶が忘れられないのでるならばその冒険を超える冒険をすればいい。そうやって前に進んでいくことによって東はより成長していく。普通は東にとっては窮屈な存在かもしれないけれどもいつか冒険が日常に普通になっていく時がやってくるのだろうか?

 礼央子や薫子はこれからどうしていくのだろうな。礼央子の記憶はいつか蘇ることになりそうだけれどもその時には第二の宝島が発見されてそこで皆々余生を過ごしていくのだろうか?この世界は満ち溢れているのだからその夢もあの夢も悲しい気持ちなんて堪らないほどに新たな気持ちを埋め尽くしてくれるだろうと思う。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示