Lostorage incited WIXOSS 10話 「捕食/悲劇と喜劇」 感想!

喰われるものは亡き、喰うものは笑う

紅は「誰」なんだろう?

 清衣の正体を知っていたというのも全開のセレクターバトルの深いところにいたって証でもあるはずだから、前作にそれなりに絡んできていても不思議ではないとは思うのだけれども。そうなると一体誰であったのだろうか?人間に対する恨みの深さであるとか見るとますます繭の人格の生き写しのようにしか見えてこなくなるわけだが。

 記憶を手にした後はちゃんと解放されるのね。その後のことをどのようにして受け止めるのかは基本的に自分次第ということなのだろう。となると紅の復讐劇が完遂したとしてもそこまで人という流れを変えるに至らないようには感じられるところではあるし、最終的には自己満足で終えられてしまうようにも感じられるが…更なる裏があったりするのだろうか?

 ほとんど紅によって人間関係をぐしゃぐしゃにされているからなぁ。退化に紅を倒せばぐしゃぐしゃ感は一定値で止まるわけではあるけれども何の解決にもいたらない感じでもある。セレクターバトルは無くならないとしても、形は変わるだろうから、エンドを考えると倒しだけでは収まらない感じ。

 次回 「二人/すず子と千夏」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示