フリップフラッパーズ 9話 「ピュアミュート」 感想!

閉じた世界の真ん中で

ヤヤカの真実

 ヤヤカもやばい状態だが地味にTT-392もやばい状態。かつて脳みそ搭載型マスコットでこんなにも簡単に脳みそいじられて感じるマスコットが存在しただろうか?彼の運命はそれこそ最後まで持つのか持たないのか?一人だけ存在次元が違うようにも感じられるからどんなことになっても最終的には復活してきそうではあるが。

 ヤヤカはココナ監視の為にココナの友人を演じていたのか?ということはココナには最初から能力の気配が出ていたということでもあるわけで…。ヤヤカが自分自身の心に対してもっとオープンだったらこんなことにはならなかったのかもしれない。誰しもが持つ自分自身の心に対しての閉鎖的な感情。ヤヤカにしてみればただココナに対してのそれが大きかっただけの事でもあるのかもしれないが…。

 ミミ=ココナなのかな…。そのあたりどうなっているのかココナの中にあるアモルファスがいろいろとカギを握っているのだろうし・・・。アスクレピオス側の新たなる3人目の存在もいろいろと関わってきそうパピカに似ているのは気のせいなのだろうか?そしてハヤシナオキとは一体…。

 次回 「ピュアジッター」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示