装神少女まとい 10話 「開かれし門」 感想!

希望という絶望

ポチィィ

 フェゴルが普通に生き残っていて驚いた。普通に出てくるとは思ってもみなかったわけではあるからなぁ。セトの振りしたのはポチなのかそれともポチの振りした誰かなのか?ようやくまといの母たるしおりの顛末も分かってきたし最終決戦も近づいてきたように感じるところだ。

 まといとゆまがいかに親友なのかどれほど強く結びついた存在なのか?というのはよりはっきりと示されるエピソードであったように思う。一人の力では不完全なことも2人の力ならばもしかしたら…。あれほどの力を示していたゆまでも扉を閉めることは無理というのはもどかしさというか運命めいたものを感じてしまうな。

 まといはやはり母と同じ道をあy無ことになるのだだろうか?そうなると伸吾を一人にしてしまうことになるからそこまでは選びきらないようには思えるけれども…どうなるのかはラスボス次第?

 次回 「いってきます」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示