DRIFTERS-ドリフターズ- 9話 「本気ボンバー」 感想!

使命を気積しもの

きいちごおいしいよ。

 一人気負いをする信長公がストレスでおかしなことになってしまいそうだ。一人南蛮人保護しなくてはならないし。豊久は豊久で信長の考えとは別な戦を全知全能を使いだしているし、信長はこの戦いどうやって乗り切っていくのだろうか?でも戦国浮雲児新たな力を開拓していくんだろうな

 戦の全知全能を持つ男豊久。戦となれば怖いのは確かではあるがそれ以上に味方にすればこれ以上ない心強い存在であることには間違いない。敵への揺さぶりが半端ないし戦場で生まれて戦場で死んでいく。まさに戦の子と言わんばかりの天才っぷり。まさにこの世界で信長と出会ったのは運命と言わんばかりではある。紫がではなく豊久自身がそれを求めたのかもしれない。

 化け物たちの王黒王。この世界で恵まれたのは漂流者ならば恵まれなかったのが廃棄物。だからこそもう一つの世界で黒王は廃棄物が恵まれる世界を作り上げようとしているのかもしれない。それは人として生きた時代の否定でもあり人としての否定でもあるけれども、人として生きたことを否定することはできるのだろうか?

 次回 「Baba Yetu」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示