映画 CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第一章 感想!

不死なる人間は人なのか?

009シリーズ最新作

 ということで009シリーズ最新作でありフルCGで劇場公開された「009 RE:CYBORG」の続編でありシリーズ3部作の作品であるこの「映画 CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第一章」見に行ってきました。 前回のアニメ化の際にはデビルマンとのコラボレーションという形にはなりましたが今作は00チーム単独での映像化。VSデビルマンは手書きだったけれども本作はCGでのアニメーション作品となっています。IGが関わっていると基本的にCG制作の009になるのかな?

 劇場版「009 RE:CYBORG」を手掛けた神山監督が総監督にいるとはいえ映画やVSデビルマンとは直接的な関わり合いをさせてこないだろうと思っていたのだけれども「009 RE:CYBORG」での00チームの活躍が言及されていたので「009 RE:CYBORG」の続編として位置するのがこの作品となっている。作品としてのストーリーは原作寄りというよりはオリジナルとなっているようで、今回は「009 RE:CYBORG」では出来なかった00チーム全員が揃って活動する作品となっている。(VSデビルマンはパラレル扱いだとこのシリーズ上ではなっていると思う)

 新たなる敵として登場したのは異能力集団ブレスド。サイボーグたる00チームをも圧倒する力を個々に持った謎の集団との対決がストーリーの機転となっている。静かに暮らそうとしている00チームが再び争乱へと巻き込まれたのはサイボーグとしての運命なのかそれとも人としての運命なのだろうか? 人として生きていきたい本心とは別に戦わなければならない運命との葛藤。そしてサイボーグそして異能力者は本当に「人」なのか。人間とは一体何なのかというところに重点を置いた作品になっているように現時点では感じられるところではあるかな?

 人としての気持ちというのは00チームにとって切っても切り離すことが出来ないものでもあると思うしこの辺りどのような決着をつけていくのか。00チームとして動かなければならない時はブレスドとの戦いを終えた後もついて回ってくるわけでもあるわけで…。
 00チーム最大の敵であるブラックゴーストとの戦いが少しだけでも語られたというのは大きなポイントであると思う。ブレスドとブラックゴーストは似ているような感じもするし、すべての人類がブラックゴーストと化すのであれば異能両者としてひそかに生きてきた者たちがブラックゴーストがいなくなったことによってブラックゴースト化したという展開も十分に考えられるわけであって。

 しかしながらブレスドのコードネームが安直すぎるような気もしないでもない。先生も高校教師からきているし、カウボーイも地主でリアルカウボーイだからだし…エンペラーが気になるところではあるがリアル王なんだろうか?過去作でジョーを演じた井上さんがエンペラーとして登場しているのも何かあるからであるのだろうか?

 今回の00ナンバーたちは全員の活躍どころがあるものとなっている。本作のストーリーの中心としては009・003・001の3人かな?特に001の存在は物語そのものの謎に迫る存在としているために彼がどう物語をひも解いていくことになるのだろうか?しかしながら001は圧倒的力を見せた結果眠ってしまったわけではあるけれども。

 009 RE:CYBORGやVSデビルマンでは活躍どころがなかったり活躍どころがあんまりなかったりした007や008が戦闘したたり単独の活躍どころを見せているのはちょっとした感動を覚える。その能力の特性上活躍どころがあまりないってのが悲しいところではあるけれどもこのシリーズでは一発奮起して今までの00年代シリーズのイメージを吹き飛ばしてくれるだろうか?

 00チームの新たな敵も強大かつ巨大。敵が人間であることを考えればどちらかといえば009 RE:CYBORGやデビルマンとの戦いの時よりは戦いやすさもあるかもしれないがはたしてどのような顛末を迎えるのだろうか?

 次章 CYBORG009 CALL OF JUSTICE 第二章
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示