3月のライオン 7話 「大切なもの。大切なこと。/将棋をおしえて」 感想!

興味の遂行

ニャー将棋商品化はよ。

 二海堂晴信とかいう主人公みたいな人。二海堂晴信とかゆう教え上手。二海堂晴信とかいう子どもたちに大人気の存在。零が反比例的に主人公をしているのだとしたら晴信は反比例してサブキャラになっているような印象である。晴信が主人公になったらこの作品シリアス要素一切なくなるだろうなと思える。

 晴信が考案したニャー将棋はそのまま商品化してもおかしくはないというかしてもいい。これで囲碁バージョンを出したり形を変えて様々な取っ掛かりにすれば教示人口倍増間違いなし?なんにせよ興味を持ってもらうことどんな形であれそれに脅威を抱いてもらうことがいかに大切かわかっている晴信はすごい。

 そんな晴信のマブダチ零。彼がサブキャラだったらドンあ感じでその存在を演出されるのだろうか?闇があるそれともひ弱?晴信が突っかかるからこそ零が反発できるある種霊を突き動かせるのは川本家と晴信だけなのだと思う。

 next #8
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示