Lostorage incited WIXOSS 8話 「闇/渇望と喪失」 感想!

引いてはいけない糸

selectorシリーズとはほぼ真逆になっているのか?

 ピルルクたんはピルルクたんだった。実質的に言えば3度目の参戦になるだけに今回のセレクターバトルについてもいろいろと知っていそうな感じを残しているが…。どうにもこうにも今回のセレクター選びは完全なランダムっぽいので偶然再び選ばれただけではあるのかもしれないその中でどうやって真実に近づいたのか気になる。

 セレクターじゃなかったのにセレクターに選ばれたのか?紅がどの時点でセレクターになったのか気になるところではあるが、徐々にその目的が明らかになったことによってやはり「繭」とは真逆の位置にいるキャラクターとしての存在感を強めた形にはなっているように感じるところではある。唯一あるとするならば第三者によって動かされている操り人形という点もあり得るわけではあるけれども。

 既成概念にとらわれないというところのすずこの強さがこの作品の壁を打ち破っていく強さになってくるのだろうか?記憶という不確定なものにセレクターもルリグも結果的には従っていくその先には何が待っているのだろうか?

 次回 「真実/終わりと始まり」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示