ステラのまほう 6話 「そくばいかい」 感想!

初めての経験

好きな時に熱を出せる魔法

 まさかこんな所に魔法使いが存在するとは思っていなかったな。それこそ行きたくないイベントの時にも見必要な体の熱を出せるなんて素敵すぎる。現代人が欲してやまないと言われている能力を現実のものにする人間がまさか存在しようとは。その能力を会得する方法をゲームにするだけで恐ろしいことになりそうだ。

 初めての即売会は新しいことだらけ。ゲームの売り上げとしては赤字だけれどもそれを超えて余りあるものを経験として売り上げることが出来たようにも感じるところだ。ちゃっかり先輩が別人に扮して購入していたけれどもそこまでがっちりしなくてもばれなかったんじゃとは思うがまあいいのかな?

 打ち上げはやはりカオス。というかSNS部の過去話はやはり見てみたいところだよなぁ出会いから先輩の突業までそれこそ濃密な物語を展開することが出来るように感じるところではある。

 次回 「はじめての思い出」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示