Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- 6話 「アンタの方だったのね」 感想!

籠の中の鳥は手を地に向ける

やはり我聞犠牲者だったか。

 1話アバンをあの幾度も繰り返されたシーンを何度も見せたのには強い意図がある。そこには我聞・サライと言った人物が映し出されているからでもある。最大のヒントにして物語を手繰り寄せるためのヒントがそこには提示されていたのであってそれを繰り返すことによってそこを印象付けるのと同時に遠ざける為であるのだ。

 千津が小箱になって再登場したけれどもあのコトリバコは何のために用意したものであるのだろうか?少年がネット見て作り上げたと言っていたけれども我聞たちに呪いをかけるためだったのかそれとも新・世界プロジェクト側を呪うために作られたのはもしくは全人類の為に作られたのだろうか?

 幽霊になれればそりゃあ不老不死になったと言っても過言ではないのかもしれない。256人の一部に現れたバグがそれであればプロジェクトはまわりなりにも成功しつつあるんだよな。でこの組織が委員会なりと繋がっているのかいや世界から考えると変質した形の一つではあるかな?

 次回 「上映開始」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

メテオ

Author:メテオ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
カウンターその1
月別アーカイブ
RSSリンクの表示